ベンゾジアゼピン断薬7年目を達成しました!

こんにちは、Gakki(@faranks02)です。

昨日6月21日で、ベンゾジアゼピン(抗不安薬・睡眠薬)断薬7年目を達成しました!
いやー長かった……。

7年前の今日、精神病院に入院したことを思い出します。
抗不安薬・睡眠薬の乱用がひどくなりすぎて、仕事もどんどんできなくなり、絶望して部屋で首つり自殺未遂を起こしました。
そのとき「あ、もう俺はダメだ…」と思ったんですね。
精神病院に入院することはすごく抵抗がありましたけど、親に相談して病院まで車で連れて行ってもらいました。
(今思えば、仕事はさっさと休職すれば良かったし、病気なんだから精神病院で療養すればいいのに、なんであんなにボロボロになるまで頑張っちゃったんだろうと思いますが( ̄∇ ̄;))。

そこから自助グループやカウンセリングなどを受け始めて、回復に繋がったわけですが、良い支援者さんに巡り会えたことも幸運だったと思います。

ここ近年の近況

この近年は割と激動で、いろんな事が変わりましたね。
沖縄へ移住し、依存症回復支援施設で働き始めたのが2年前。
パートナーと一緒に暮らし始めて、退職し、現在は依存症に特化したグループホームを立ち上げるために準備中です。

書き出すと数行で終わっちゃうんですが、住む場所も、働く場所も、人間関係も全部変わってるんで、精神障害者のフットワークじゃねーなと我ながら思います(笑)。
特に、沖縄に移住してから1年ぐらいは、環境の激変による心労でうつ病が再発しかけましたからね。
私はHSPで環境の変化に弱いのに、結構あちこち引っ越したり環境を変えたりするんですよねー。それもこれも、「自分が生きやすい環境」を探して彷徨っている……というのもありますが。

現在は沖縄のアディクション業界にいて、ピアカウンセラーとして病気のこともオープンにしています。
以前は介護系の業界で働いていたんですが、やっぱり依存症のことを隠しながら生きていくのはしんどいなーと自分でも思っていたので。
精神福祉の仕事に携わるようになったのは、まだ苦しんでいるアディクトの助けになりたいという思いはもちろんありますが、自分の経験を強みに活かせるのと、自分自身を助けるためでもありますね。

断薬7年目を迎えて

自分では、かなり変わったなーと思いますね。
かつては依存的で、認知も歪みまくってて、自尊心も激低だった自分ですが、今はそこそこ精神的にも自立し、物事や自分自身をありのままに見られるようになったと思います。

いつも思うのですが、他人と較べるとキリがないのですが、かつての自分と較べて進歩しているのかどうかが大事だと思います。

しかし、回復初期に相当無理をしたせいか、7年経った今でも後遺症が残ってしまい、自律神経失調症状に悩まされてはいますが…。
それ以外は平穏な毎日を送っています。
思えば7年間ひたすら「普通に平穏な日々を送りたい…」と願ってやってきたわけですが、それがほぼ叶った今、次の目標を見つけるべきなんだろうなーと思っています。

次の一年も無理せず、リラプスすることがないよう頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です